食いしん坊無職をめざす~セミリタイア後の生活~

44歳でセミリタイア!現在48歳。完全リタイアへ向けてつづっていく日記

めちゃうまい!吉田家へ行ったよ

f:id:azusa47:20170218152032j:plain

一昨日、葬儀屋の帰りに嫁と遅い昼飯に寄った店が、ここ吉田家。

昔、はなわ佐賀県の歌を歌っていたのを思い出した。佐賀県にある牛丼屋は、吉野家じゃなくて吉田家だってね……

 

まぁ、くだらない話は置いといて、ここ前から一度行ってみたかったんだよね。港北イケヤのすぐそばなんだけど、駐車スペース(5台ぐらい)が少ないので、行こうかと思った時は満車状態で行けなかったんだよ。

f:id:azusa47:20170218153430j:plain

ここの特徴として、完全個室にできる事かな。入り口がアコーディオンタイプのパネルドアになっていて、締めれば個室になる。プライベート重視で、カップルにはいいかもしれない。ただね、道路側の個室には巨大な窓があるので、外から丸見えだけどね。笑

f:id:azusa47:20170218154215j:plain

平日のランチメニューは、まあまあ安い。いや、普通かな。ここでも、東京の尾張屋と比較してしまうんだけど、あちらは天せいろ大盛で1300円だからな~

f:id:azusa47:20170218154704j:plain

俺は、天せいろがランチメニューになかったので、天ぷら御飯(1500円税抜)にしたよ。

結構なボリュームだね。海老も2本入っているし、蕎麦も二段重ねだ。

で、御味はというと……

めっちゃうまい!

蕎麦は、しっかりこしがあるし、海老もサックサックで油っぽくなーい。めんつゆもしょっぱくなくていい感じ。

こりゃーいいや!あたりだね。

f:id:azusa47:20170218155850j:plain

嫁は、とんかつ御飯(1500円税抜)にしてたよ。

本来なら、お気に入りの名店としたいところなんだが、庶民の俺にはできない。

なぜなら……

平日のランチメニュー以外は値段が高いんだよー

壁にもメニューが貼ってあるんだが、2000円以上かな。

天ぷら御飯にしたって、夜とか土日祝に頼むと2000円(税抜)になるからね~

ただ、こんだけうまいときっと人気店に違いないから土日祝に車で来た場合、混んじゃって、タイミングが合わないとまず駐車スペースに止めれないと思うけど。

2人で、総額3240円でした。

ごちそうさま~

嫁の母ちゃんが死んだ

f:id:azusa47:20161104174046j:plain

嫁の母ちゃんが死んだ。79歳だった。

風呂場で倒れていたらしい。発見が早ければ、なんとかなったかもしれないが、同居しているニートの息子は気づかなかったとのこと。

ちなみに、父ちゃんは30年以上前に他界している。俺が嫁と結婚する前の話だが、ペンキ職人だった(ビートたけしの父ちゃんみたいだ)父ちゃんは、屋根にペンキを塗っていた時に足を滑らせて転落して亡くなったそうだ。

ニートの息子はと言うと、20年以上前にタクシー乗務員をしていた時、事故を起こしてしまい、賠償問題も含め会社からぼろくそに言われて、それが原因でうつ病を発症して、障害者年金で暮らしている。まぁ、精神的にちょっと病んでるわけだ。

高齢者にとって、冬の風呂場というのはかなり危険なんだろう。血管がかなり弱っているところへ、湯船に入る時に起きる血圧の急降下……

かなりやばいと思う。

対策としては、風呂場の温度をシャワーなどで徐々に上げて体に慣れさせてから、最後に湯船にゆっくり入ることが大事なんではないかと考える。

親父を見ていてもそうなんだが、70歳を過ぎると生きていくことに際して、色々と制約が出てくる。たとえば、認知機能の大幅な低下だろう。その結果、世間で今騒がれている高齢者の自動車事故を誘発している。

よって、長距離ドライブなんてことはできなくなると思われる。親父は悟って70歳で自動車免許を返上した。

LCC(格安航空)も、高齢者にはかなりきついだろう。あんな狭いところに3時間もいたら、ただでさえ体が弱っているのに、相当なダメージを受けるんではないか。

そうなると健康寿命(自由に動き回れる年齢)としては70歳ぐらいだと俺は考えるね。

 

嫁の実家には、年に一回ぐらいしか行ってなかったので、あまり思い入れがなかったのだが、人のいい田舎(なまりがあるので)の母ちゃんみたいな感じの方だったな。

死に顔もいい感じで、叩いたら起きそうな感じなんだよ。『おお、朝が来たんだべか』なんて……

ごめん、書いてて涙が出てきた。

年取って、涙もろくなったな俺も。

安らかに眠ってくれ。嫁の母ちゃん!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ