食いしん坊無職をめざす~セミリタイア後の生活~

44歳でセミリタイア!現在48歳。台湾好きな中年が完全リタイアへ向けてつづっていく日記

台湾第一回グルメ旅行 その六

f:id:azusa47:20161101183623j:plain

写真:枋寮駅にて、普快車(枋寮と台東間一往復だけ、残っている。これを狙って台湾に来る、鉄道ファンも多い)

(続き)

枋寮駅で乗ってきた自強号を見送った後、おそらく最初で最後になるであろう普快車に乗り込み、出発まで写真を少し撮った。予想通り、鉄道ファンとおぼしきグループが何組かいた。驚いたことは、その中に台湾人鉄子もいたことだ。へえ~台湾にも鉄子がいるんだーとか思いながら、その鉄子たちが台湾語で書かれた旗を持って、相方と写真を撮り捲っているのを、座席に座って眺めていた。

f:id:azusa47:20161101190613j:plain

写真:枋寮駅にて、普快車(旧型客車なので、扉は手動式でホームの反対側も開いたりする)

f:id:azusa47:20161101191140j:plain

写真:枋寮駅にて、普快車車内(扇風機が、何台か壊れていて壁についているボタンを押しても、動かなかった)

f:id:azusa47:20161101191858j:plain

写真:枋寮と台東間の車窓

枋寮駅を出発後、海側の座席に陣取り高雄駅で買った駅弁を食った。台鉄の中でも、枋寮と台東間は、ずば抜けて車窓からの景色がよく、海風に当たりながらの駅弁は最高にうまかった!

f:id:azusa47:20161101192833j:plain

写真:大武駅

途中の大武駅では、正式な通路を通らず線路を横切ってホームと反対側の客車扉を開けて乗り込んでくる乗客がいた。日本ではありえない、台湾ローカル鉄道ならではの光景だと思った。

そして、知本駅あたりから住宅が増え、普快車の終点である台東駅に到着した。

(続く)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ