読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊無職をめざす

48才、すでに大したことはしていないが、有意義な完全無職になるまでをつづる日記

旅路の記憶 第一回台湾旅行 その九

f:id:azusa47:20161107165130j:plain

写真:台北駅

(続き)

俺の乗ってきた、團體列車莒光号が10分遅れ位で台北駅に到着すると、すぐに後続の普悠瑪自強号が、隣のホームに入線してきた。

花蓮駅を26分後に発車した普悠瑪自強号が、ここで追いついてしまったのである。本来、もうちょっと先の樹林行團體列車莒光号は、追いつかれないことになっているのだが、八堵駅あたりからトロトロと走っていた結果、こんな形になってしまった。

どうやら、時刻表通り先に團體列車莒光号が発車するようだが、ここで降りる俺としては、どうでもいい話である。

今日は、ずーと鉄道旅で若干疲れたので、予約している宿を探して終わりにしようと思う。グーグルマップで宿泊ホテルを目指したが、やはり初めての場所なので、ちょっと迷ったものの、何とかたどりつくことができた。近くにコンビニがあったので、バナナとビール、そして麦茶を購入して宿泊ホテルに入館した。

f:id:azusa47:20161107173133j:plain

台北近辺のホテルは、他の台湾地方都市に比べて宿泊料金が高い。ここも、前日泊まった今は無き高雄のホテルより高いが、高い分室内はきれいであった。

ネットで日本人がよく泊まる安い宿ということで、ここに決めたのだが正解だったかもしれない。フロントの台湾人が、日本語で会話できることが大きい。まあ、高雄のホテルでもパスポートを見せて、身振り手振りで何とかなったが。

台湾では、高級ホテルを除いてトイレの便器にトイレットペーパーを流せない。ここも例外ではないのだが、日本人が多く泊まるということで、日本語で隣のごみ箱に捨てるよう注意書きがしてあった。慣れてないので、間違って便器の中に捨てそうになるのだが、水流が弱いので、すぐつまりそうである。これからも、気を付けなければいけない。

(続く)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ