食いしん坊無職~試験的台湾隠居生活~

44歳でセミリタイア!現在48歳。台湾好きな中年の隠居生活をつづっていく日記

完全無職になるための問題点(前)

f:id:azusa47:20161111171159j:plain

写真:台鉄の枋寮ー台東間車窓(本文とは関係ありません)

今日仕事中に、完全無職になるための問題点を考えていた。

今も大した仕事はしていないので、セミリタイヤ状態といえるのだが、それは周りを見て健康寿命70歳だという確信があるから、好きなことができる残り年数を考えて、44歳の時に正社員の職を辞したことに始まる。

さらに今のこの仕事を辞めたら、死ぬまで完全に仕事をしないつもりでいるのだが、問題点が三点ほど思い浮かんだので、列記してみようと思う。

①嫁

嫁は大の酒好きである。

付合っているときから、わかっていた。しかし、昔は弱くなかったので、人に絡んだり、暴れたりすることはなかった。俺も酒は飲めるので、楽しく飲み歩いたりしたものだ。それが変わったのは、子供ができたころだったと思う。当時、嫁は煙草も吸っていたので、子供できて煙草が吸えなくなって、また育児も絡んでストレスがたまったのか分からんが、そのあたりから酒を飲むと絡んだり暴れたりするようになった。

子供が早期に自立したのも、そのせいである。それに、昔は俺も普段から夜には酒を飲んでいたのだが、今では飲まない。嫁が絡んできたときに、収拾がつかなくなるからだ。

救いなのは、嫁はアル中ではないので、夜しか酒を飲まないということだ。酒を飲んでいなければ、おとなしいので、その時に会話をすれば、話は通じる。

一度、嫌気がさしたので、嫁が素面の時に離婚の話もしたことはあるのだが、する気はないらしい。まあ、嫁は金勘定ができない人なので、一人になったら生活ができないことを自覚しているのかもしれない。

で、無職になると、嫁がそれをネタに酒を飲んだ時に、絡んでくることがあるということだ。実際、今の仕事に就く前の一時期に、そのようなことがあった。完全無職の場合、継続してそのようなことが発生するようになるだろう。

(続く)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ