読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊無職をめざす

48才、すでに大したことはしていないが、有意義な完全無職になるまでをつづる日記

完全無職になるための問題点(中)

f:id:azusa47:20161112160643j:plain

写真:台鉄の枋寮ー台東間車窓(本文とは関係ありません)

(続き)

②健康

昨日、健康寿命について、ちょっと触れたが、もうちょっと詳しく書きたい。知っている人は知っていると思うが、平均寿命と健康寿命では全然違う。平均寿命は80歳ぐらいだったはずだが、健康寿命というのは、体を動かせることができる寿命ということだ。

昨今、高齢者の自動車事故が頻発し死者も出ているが、年取れば、運動能力は低下するし認知症も発症するかもしれない。親父も70歳で免許返上しているが、まともに車を運転できるのは70歳が限度ではないかと思う。また、航空機にしても70歳を超えれば、心臓に相当負担がかかってくると考えられる。長距離バスも、かなりの負担だろう。

何が言いたいかといえば、70歳を超えれば、海外旅行などの遠出はかなり難しくなるということ。特にボッチ旅行は。

そう考えると、もうすぐ48歳になる俺は、後22年しかない。よって、44歳で電通ではないが、仕事がハードな正社員を辞したことに後悔もしてないし、これからは、できる範囲で旅行などを満喫できればと思っている。

 

さて、本題に入ると俺は基本的になまけものなので、休日はコンサートなどの強制的な何かがないと、テレビを見ながらボーとしている。ちなみに、嫁も仕事がなくてイベントなどがなければ一日中寝ている。笑 

まあ、飯食ったり、洗濯したりはするけどね。

そこで、仕事をしていれば、いやでも強制的に動かなければいけないわけだが、完全無職になった場合は、体を動かさないので、病気になってしまうという危険があるわけだ。散歩でもすればよいのではと思うが、外に出るのも億劫になってしまいそうなので。

(続く)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ