読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊無職をめざす~セミリタイア後の生活~

44歳でセミリタイア!現在48歳。完全リタイアへ向けてつづっていく日記

台湾第一回グルメ旅行 その十五

f:id:azusa47:20161125182102j:plain

写真:北投温泉博物館。台湾を日本が統治していた時代に、日本政府が建てた由緒ある建造物。

(続き)

2016年8月28日

今日は、午前中にちょっと北投に行って、午後は台湾新幹線で高雄に戻るという行程にしてみた。

無料の朝食を食べてからホテルを出ると、台北駅よりMRTで北投駅を目指した。途中から地上区間となり、ほどなく北投駅に着いた。

f:id:azusa47:20161125183624j:plain

写真:北投駅、淡水信義線ホーム。

ここで、新北投支線に乗り換えるため下車し、新北投支線ホームに向かう。

f:id:azusa47:20161125184140j:plain

写真:北投駅、新北投支線ホーム。

北投駅から新北投駅まで一駅区間で大した距離はないので、一本の電車が往復しているだけなのだが、線路は複線である。ただ、淡水信義線と比べるとやたら速度が遅くて、ちょっとイラついた。

f:id:azusa47:20161125185404j:plain

写真:北投温泉博物館入り口。

新北投駅から10分ぐらい歩くと、北投温泉博物館がある。そこに、まず行ってみた。まだ開館まで3分ぐらいあるので、入り口で待っていると定刻通りに開館となった。

ここは、嬉しいことに無料である。

f:id:azusa47:20161125190630j:plain

写真:大広間。

この温泉博物館は、日本統治時代に日本政府が建てた建造物なので、すべて日本式である。当時は温泉浴場であったため、大広間があり舞台もありで、さぞかし、にぎわったことだろう。

f:id:azusa47:20161125191243j:plain

写真:大広間についている舞台。

f:id:azusa47:20161125191543j:plain

写真:大浴場。

f:id:azusa47:20161125191658j:plain

写真:小浴場。

当時を想像しながら、ゆっくりと見て回り満喫したので、この温泉博物館を後にした。

(続く)

ブログタイトル名を変えてみた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ