食いしん坊無職~試験的台湾隠居生活~

44歳でセミリタイア!現在48歳。台湾好きな中年の隠居生活をつづっていく日記

台湾第一回グルメ旅行 その十九

f:id:azusa47:20161206174730j:plain

写真:高雄婆婆冰の芒果雪花冰120元396円。ここも、めっちゃうまかった。

(続き)

高雄MRTに乗ってみて、以前の記事に座席の座り心地が悪いとコメントしたが、それ以外に、このMRTの特徴というか面白いところは、アニメキャラを徹底して使っているところだ。

f:id:azusa47:20161206175818j:plain

写真:高雄MRT鹽埕埔駅にて。飲食禁止をアニメキャラで。

f:id:azusa47:20161206180229j:plain

写真:高雄MRT鹽埕埔駅にて。駆け込み乗車禁止をアニメキャラで。

日本の地下鉄でこのような禁止事項をアニメキャラ併用で使ったら、アニオタは喜ぶかもしれないが、年寄りなどから事業者にクレームが入ること必定だろう。

f:id:azusa47:20161206180926j:plain

写真:高雄MRT鹽埕埔駅にて。高雄MRTの役員は、アニオタが多いのかと思ってしまうぐらいアニメキャラに依存している。

f:id:azusa47:20161206181525j:plain

写真:場所は忘れたが、ホームにこのようなデザインを使っているところがあった。いいのかこんなのりで!?

こんなことを可能にしてしまう高雄MRTはすごいと思いながら、地下鉄に乗っていた。

さて、MRT鹽埕埔駅に着くと、まず徒歩5分ぐらいのところにあるネットで評判の良かった永和小籠湯包を、グーグルマップで探しながら歩いた。案外すぐ見つかったのだが、まだ7時にもかかわらず、もう店じまいをしていた。

どんだけ人気なんだよ!と心の中でぼやきながら、しょうがない小龍包は値段高いけど鼎泰豊高雄店で食うかと思い、小龍包は後回しにして近くにある高雄婆婆冰に向かうことにした。

向かう途中で、今回の旅行で何回目かのスコールとなったが、何とか二店ある高雄婆婆冰のうち、目指していた旅籠店の方にたどり着くことができた。情報によれば、旅籠店の方がメニューがあるので、注文がしやすいとのことで、こちらにしたわけだが混んでいた。

台北の冰讃と同様に値段は高めの設定になっていたのだが、ここはそんなに日本人がいるようには感じられなかった。

やはり、高雄という土地柄だからなのか、それとも日本人がいないせいなのか、冰讃とは雰囲気が全然違った。食品売り場に例えると、スーパーと八百屋ぐらいの違いである。

もちろん高雄婆婆冰は後者であるわけだが。

しかし、注文した芒果雪花冰はめっちゃうまかった~。

ほんと、スーパーであろうと八百屋であろうとうまけりゃいいと思った。

スコールも収まり、雨上がりに高雄婆婆冰を後にした。

(続く)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ