食いしん坊無職をめざす~セミリタイア後の生活~

44歳でセミリタイア!現在48歳。台湾好きな中年が完全リタイアへ向けてつづっていく日記

結婚について考える 『結婚して良かった事及び悪かった事-前編』

f:id:azusa47:20170227165516j:plain

今回は、結婚して良かった事及び悪かった事。

 

結婚して悪かった事

22歳で某中小メーカーに入社して、23歳で結婚して一年ぐらいは家庭内において平穏だった。

この頃、日本経済はバブルが弾けたとはいえ、まだ北海道拓殖銀行山一證券も健在であり、バブルの余韻を引きずっていた。

そして、俺が入った会社も景気がよく前向きに社員を取ろうという経営者判断により、営業所にも多くの社員がいて、残業なんていうことは皆無に近かった。

そんな状態だったので、前回記事にしたように仕事の後、ディスコなんて話になるんだよな~笑

まぁ、昔の日本だったわけだ。

結婚当初、俺は親父と一緒で給料を全部嫁に渡していた。

当然、やりくりできるだろうと思っていたからなんだけど、結婚してから一年ぐらいたったある日、東京ガスから銀行口座より引き落としができなかったので、納付書で支払ってくださいと納付書の入った封筒が送られてきたんだよ。

俺は、びっくりしたね。

すぐさま、嫁に問いただすと給料が入ったら納付書で支払うとのたまう。

このとき、俺は確信したよ。嫁は貯金や節約のできない人なんだと。

家計簿をつけろと言ってみた。そうしたら、そんなめんどくさいことはできないとのたまう。しまいにゃ、あんたやってよと、さじを投げだしやがったよ。笑

ただね、結果として俺が金の管理をすることによって、後述するけど破産しなくて済むことになるんだけどね。

親父は、60歳で嫁が貯金していないのに気付いた。(その記事のリンク先は下記に載せておくよ)

azusa47.hatenablog.jp

俺は、24歳で嫁が貯金していないのに気付いた。

今思えば、この差は大きいものだったよ。

(続く)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ