読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊無職をめざす~セミリタイア後の生活~

44歳でセミリタイア!現在48歳。完全リタイアへ向けてつづっていく日記

結婚について考える 『結婚して良かった事及び悪かった事-後編②』

f:id:azusa47:20170227165516j:plain

(続き)

俺が44歳になった時、子供達が嫁の酒癖の悪さを理由に高校卒業したら働いて自立すると言い出したんだ。その辺のいきさつは、下記の記事を見てくれ。

azusa47.hatenablog.jp

ただね……

それだけが理由じゃないと思うんだよ。

この頃の俺は会社で心身ともにボロボロだった。精神的には専修大学卒業の奴と比較され、肉体的には帰宅が深夜にまで及ぶ残業や休日出勤、家の中では『疲れているから』が口癖のようになっていた。

本当、湯船につかる時と寝るときだけが、すべてを忘れられる楽しみだったね。

そんな父親を見て、これ以上負担をかけちゃまずいと思ったんじゃないかな。

俺が自慢できるのは子供達だけだよ。

孝養心のある、優しい子供に育ってくれた……ありがとう。

 

セミリタイアを実行に移したよ。44歳の夏だった。

これで、のんびり余生を過ごせると思ったんだ。あの忌まわしい悪夢のような事件が起こるまではね。

 

 

俺や嫁が若いころ日本経済は絶好調だった。土地も株価も下がるという言葉を知らなかった。

これも今考えれば、銀行が住宅融資専門会社(住専)などを通して、金もない奴に無理やり融資した結果なんだけどな。

サブプライムローンと同じだよ。貧乏人に高利で金を貸すというやつ。アメリカじゃ、これが破綻してリーマンショックにつながったわけだが、アメリカは家を手放すなどすれば借金はチャラになった。しかし、日本はそう甘くなかったんだよね……

 

嫁は高校卒業後、免許を取得して車を購入したんだよ。義理の弟に壊されたとか言ってたけど。

その後、サンフランシスコやハワイ、シンガポールに結婚前に行っている。当時、ウルトラクイズっていうテレビ番組があって、福留が『アメリカに行きたいかー』とか言ってたっけな。今だったら、今度ハワイにLLCが就航するとか言っていたけど、ちょっと無理をすれば普通に行けてしまうかもしれないが、当時はテレビ番組になるぐらい庶民にとってアメリカは遠い国だったんだ。

 

付合っていた時に聞かされた話なんだが、当然全てにおいて貯金して購入や旅行へ行っていたものと思っていたよ。

悪夢のような、その一通のハガキが来るまでは。

(続く)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ