読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊無職をめざす

48才、すでに大したことはしていないが、有意義な完全無職になるまでをつづる日記

結婚について考える 『結婚して良かった事及び悪かった事-後編④』

f:id:azusa47:20170227165516j:plain

(続き)

200万近い大金の借金。さすがに離婚問題は避けられなかった。

しかし、嫁は一人じゃ生きていけないからと泣きを入れてきたんだよ。

俺はこの言葉を聞いて

ん?どこかで聞いたことのある言葉だぞ。

と思ったんだが………そうだ!

以前記事にしたことがあるので転載するけど、親父と母ちゃんの離婚調停の時だ!

 

『昔から、親父はしっかりしていた。ただ、ついてなかったのは母ちゃんが、嫁と同じで金の管理ができない人で、あれば全部使ってしまうという人間だったことだ。

親父がそれに気づいたのは、定年62歳の会社で定年間近の60歳になってからだった。それまで、すべて母ちゃんに金を渡していたので、貯金がゼロという現実に憤慨して離婚調停を起こして、その事実を俺は知った。

まぁ、実家に帰ればいろんなものがあるので、母ちゃんが金使いが荒いのは、うすうす知っていたけどね。ここまでとは。息子の俺がいくら言っても、気の強い田嶋陽子見たいな母ちゃんは聞く耳持たずだったけど。

また、離婚調停の過程で母ちゃんは借金もしていることが判明した。これ、嫁もそうなんだよね。機会があれば記事にするけど。

それで、その後債務整理をしてクレジットカードを作れないようにしたんだって。

なんだかな~

結局、母ちゃんは離婚したら生きていけないと思っているから拒絶して、調停決裂。

本裁判は、金がかかるから親父が取り下げて終了~

そして、金の管理は親父がするようになった。』

(壮絶!遺産相続 実家へ行った より)

 

同じような女性と結婚してしまうのは遺伝なのか?笑

俺は親父と母ちゃんの離婚調停を見てきているので、この件でどちらかがかたくなに拒めば離婚できないことを知っていた。

まぁ、金はかかるけど本裁判を起こして徹底的に争えば、離婚できるかもしれないけどね。

結局、親父と同じでそこまではしなかったよ。

幸い親父と違って若いころから俺が金の管理をしてきたので、整理回収機構に債権が譲渡されてきつい取立にあい、場合によってはお互い破産なんてことにもなりかねない事態だったが避けられる。

どれだけ効力があるかわからないんだが、今後借金はしませんとの誓約書だけ書いてもらって、全額俺が銀行に返済したよ。

金利もばかばかしいからね。嫁は分かってないみたいだったけど、仮に200万円を借金していたとして年利10%で年間20万円の金利が発生したわけ。これが若いころから30年間、途中で自転車操業のように借りたりして減らずに続いたとすれば金利だけで単純に600万円発生したことになる。

おいおい、どんだけ銀行に儲けさせる気なんだよ!!

ちゃんと返済していれば、銀行にとっては上客だな。

定額払いの恐ろしさは、金利がどれだけ発生しているのか麻痺させる点もあるんだよ。嫁は毎月5万円を銀行に支払っていたんだが、そのうちの約1万5千円は金利だからね。つまり、元本は約3万5千円しか減っていないわけ。

カードローン(フリーローン)っていうのはひどいね。

 

最近、マイナス金利を日銀が導入しただろ。あれで銀行の利益が出にくくなった。

そこで、銀行の目についた金融商品がカードローン。

裏で銀行同士の情報がつながってんだろうね。嫁に対して返済してから某地方銀行よりカードローンを勧めるダイレクトメールが届くようになったんだよ。

ふざけんなよ!某地方銀行

俺はそこをメインに口座を持っていたんだが、速攻で口座を解約した。

金の管理ができない人からガッツリ儲けようという魂胆が気に食わん。

まるで、バブル発生の一因となった本来借りちゃいけない人に金を貸すのと同じだよ。あれで、不動産融資が焦げ付いて住専問題が発覚したんだからね。

 

結婚についてのまとめ

昔の日本だったら勢いで結婚するのもありだけど、現代日本では金の管理ができる人とか、悪酔いをしない人とか、借金をしてない人とかを把握する等して慎重に結婚を決断した方がいいでしょう。

(終わり)

 

ん、まてよ?……そうだ、忘れてた。笑

 

結婚して良かった事

やっぱり、話し相手がいるってことかな~

一人だと寂しくなるってこともあるでしょ?

あと、散々な事実を書いてきたんだけど、嫁もいいところがあるんだよ~。弁当を作ってくれたりするしね。

本当にありがとう。感謝しているよ~

(結婚について考える 本当に終わり)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ