読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊無職をめざす

48才、すでに大したことはしていないが、有意義な完全無職になるまでをつづる日記

【饕之郷李姐的店編】旅路の記憶 第三回台湾グルメ紀行 その六

f:id:azusa47:20170405161408j:plain

写真:饕之郷李姐的店。人気店だけに店員が多いねぇ~

(続き)

f:id:azusa47:20170405161823j:plain

写真:向上精誠路口バス停。290番でも行けるんだが、その表示は裏側にある。

台中駅から290番のバスを利用して20分ぐらいかな、向上精誠路口バス停で降りてすぐのところにあるのが饕之郷李姐的店なんだよ。

開店してすぐに伺ったので並ばずに済んだ。人気店なんで早めにきて正解だったね。

レジが店外にあるんで、最初そこにいた兄ちゃんに聞いてみたんだが、当たり前だけど通じない。笑

で、その兄ちゃんが店内にいる姉ちゃんを呼んできてくれて、その姉ちゃんの手引きで席に着いた。ここの店は注文伝票をくれるので、そこに記入して店員に渡せばいいだけなんで言葉が通じなくても基本的に問題ないね。

今回の旅行で俺はその店に酸辣湯があれば、それも一緒に頼むことにしたんだよ。台湾で酸辣湯は安くてうまいって聞いたんでね。

f:id:azusa47:20170405165839j:plain

ということで、最初に小龍包8個入って85元(315円)と酸辣湯35元(130円)を頼みました。前回の旅行でいった高雄にある永和小籠湯包も安いって思ったけど、ここも結構安いね~

やっぱり、台北に比べて台中とか高雄は物価が安いのかな~

f:id:azusa47:20170405172044j:plain

じゃーん!そして、まいう~

肉汁はそんなに入っていなかったけど、ジューシーで旨かったよー。

f:id:azusa47:20170405172452j:plain

なんだか周りの客が小菜を取っていたので、俺もセルフサービスとなっている小菜35元(130円)を棚から持ってきて追加で食べたんだよ。まぁ、勢いって奴かな~

酸辣湯は期待通りに具だくさんで旨かった。

 

こんだけ食べて575円って、安っ!

永和小籠湯包に続いて大満足だよ!

ごちそうさま~

(続く)

旅路の記憶 第三回台湾グルメ紀行 その五

f:id:azusa47:20170403173420j:plain

写真:台中駅旧地平ホーム。まだ、1月時点では高架線になったばかりで残っていた。

(続き)

バスの発車時間が近づいてきたので、バス停に向かうと特に整列しているわけでもなく適当にたむろっていたよ。台湾では台北の一部バス停以外は、みんなこんな感じだね。

で、目的のバスが来ると歩道から道路に出てバスが停まるように手を上げたり振ったりするんだよ。

そうしないと、バス停に人がいても通過しちゃうんだよね~

なんだか、おばさんがバスを停めているのを見て新鮮に感じたな~

日本じゃ、絶対にありえないよ。そんなことを日本でしたらバスの運ちゃんから危ないって怒られるんじゃないかな。そもそも、バス停に人がいたら何もしなくてもバスが停まるからね。

ちなみに、バスの乗り方については下記サイトを参考にしてね。

台湾に来たら悠遊カードは絶対に取得しよう。台中ならほぼ無料で市内バスに乗れるぞ。 | 旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

そのサイトにも書かれているんだけど、台中ではヨーヨーカード(悠遊卡)さえあれば一乗車に対して10kmまでただで乗れるんだから太っ腹だよね~

あとね、台湾のバス停って本数の少ないバスは発車時刻が載っているんだけど、そこそこ本数のあるバスは発車時刻が載っていないんだよ。アバウトな台湾らしいんだけど、その際に便利なアプリが上記のサイトに出ているので利用をお勧めするよ。実際に利用してみたんだけど、利用したい系統を入力するとバスの位置情報を表示してくれるので、どのぐらいでバスが来るのか一目瞭然ってなわけで非常に便利だった。

 

それで、実際にバスへ乗ってみると台湾バスの運ちゃんは気が短いんだかわからんけど

トラック野郎顔負けの運転をするんだよね~笑

急発進、急停車は当たり前。笑

日本では急のつく運転はしちゃいけないって教習所で習ったんだが。

普通に割込みもしてたな~笑

よくこんなんで事故らないよな~不思議だ。笑

日本人だったら乗客がバス会社にクレームを入れて、下手すれば新聞ネタになってしまうぐらいの事案なんだけど、誰も乗客は文句を言わない。

……やっぱり、寛容性なんかな~

前にも記事にしたんだけど、日本は寛容さが極端に低いせいで国連の世界幸福度報告書で53位だからな。

それに対して台湾は35位ってことで……

 

でもまぁ、この場合事故ったら寛容性もへったくれもないんだけど。

(続く)

旅路の記憶 第三回台湾グルメ紀行 その四

f:id:azusa47:20170402143205j:plain

写真:台中前市長が進めていたBRT(バス高速輸送システム)専用発着所。BRTは市民に不評で、市長が変わったとたんに取りやめになる。この発着所は駅前再開発に伴い廃止となった。

(続き)

朝食を食べたばかりだというのに、昼食を食べにホテルを出ることにした。

俺は基本的にまったりとした旅が好きなので、予定にかなりの余裕を持たせているんだよね。

それに海外旅行の場合は、万が一のトラブルが発生した際にその対応に時間がかかるってことも考えられるわけなんだけど。

実際に前回の台湾旅行でも花蓮で駅事務室スタンプ仕舞い込み事件に遭遇したしね。あのときは、旅行センターの台湾人おばちゃんが助けてくれたので、なんとかなったんだけどね。時間的には結構ぎりぎりになった。

f:id:azusa47:20170402145855j:plain

写真:台中駅の旧改札口。表玄関からだと旧地平ホームを横切って裏手に回り、新駅舎の2階へ上ると新改札口がある。

平日にもかかわらず、新駅舎の2階へ上る前通路では台鉄主催のイベントが行われていた。

表玄関に向かうと、楽器を持って演奏している人や踊っている人がいる。繰り返すようだけど、平日にもかかわらず。

なんだろ、日本にはないこのまったり感。

俺が求めていた場所はここにあるってな感じだ。

台北とはまた違うんだよね~

台北は台湾の首都なんで、やはりそれなりのせわしなさっていうのがあるんだよ。

いいな~台中。

ここにいたら、すべてが開放的になり前向きに生きていけそうな気がする。

前にも記事にしたんだけど、日本は寛容性がない(国連の幸福度報告書によると日本はかなり寛容性が低い)から平日の昼間っから中年のおっさんがぶらぶらしていると犯罪者のような目で見る人がいるでしょ。

すごく頭に来るけど、ここにはそれがない。

大好きだよ、台湾。すべての人が自由だ!

しばらく、その踊っているおっさんを遠目で見ていた。なんか何も悩みがないように見える。明るいな~台湾人。

f:id:azusa47:20170426182348j:plain

写真:台中駅前のユーバイク。駅前だけに数が多い。

昼食を食べに行くのにバスを利用するんだけど、それが約一時間おきなんだよね。まだ時間があったので、利用するつもりはないけどユーバイク(レンタサイクルサービス)の登録をしてみようと思い立ちKioskと呼ばれている登録所でチャレンジしてみた。登録の仕方は下記サイトを参考にしてね!

台湾・台中では最初の30分間は無料で乗れるUbike。便利な公営レンタルサイクル「youbike」の利用方法は徹底解説します。 | 旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

で、結果なんだが………登録できなかった(T_T)

何度か試してみたんだが、ダメだった。

後で分かったことなんだけど、同じ電話番号で5枚のカードまでしかヨーヨーカードに登録できないってことだったんだよね。

最大手の電話会社、中華電信は相当使いまわしが激しいんだろうな~

次回の台湾旅行では、台湾大哥大で電話番号付SIMカードを借りて、再度ユーバイクの登録をしてみるよ。

(続く)

2017年3月家計簿

f:id:azusa47:20161031174446j:plain

*収 入

 投信分配金 ¥180,494 

 労働    ¥119,650

 嫁から   ¥10,000

________________

 合計    ¥310,144

 

*支 出

 家賃    ¥19,900

 駐車場代  ¥10,000

 食費    ¥20,555 

 通信費   ¥5,612  

 外食費   ¥16,502

 遊び代   ¥8,433  

 医療費   ¥5,910  

 電気代   ¥4,115

 ガス代   ¥5,064

 水道代   2ヵ月おきなので、今回は未計上。

 日用品   ¥4,084

 交通費   ¥8,210

 雑費    ¥90

________________

 合計    ¥108,475

*嫁の私用支出(酒代、スマホ代、アイドルコンサート関係費、馬券購入代等)は含まれていません。

 

6月の台湾旅行で台北に泊まるホテルが2泊分取れたので、その分を遊び代として計上している。

それと2年ぶりぐらいに歯医者へ行ったので、その分を医療費として計上している。

俺は歯並びが悪いから、定期的に虫歯も含めて問題が発生するんだよね。今回は右下の奥に大きな歯石が出来たので、それを除去してもらうために行ったんだけど、歯医者っていうのは一度に全部やらないんだよね~

日を変えて、ちょっとづつ進めていくんだよ。

今回は3回も行ったんだけどね。

なんか、1時間もあれば全部終わっちゃうような気がするんだけど。

やっぱり、保険診療だと儲からないから何日かに分けて診療するのかな~

その辺は、ようわからんけど。

二子新地でランチ!麺線屋formasaへ行ってきたよ

f:id:azusa47:20170331173638j:plain

昨日は嫁と麺線屋formasaっていう台湾料理屋へ行ってきたよ。

ツイッターでここがうまい!と情報が流れていたので、台湾好きの俺としては行ってみようと思ったわけなんだ。

今回は自宅から近いため嫁を誘ってみたところ、一緒に行くことになったんだよね。

 

車で行ったんだけど、近場で適当に100円パーキングに停めて大山街道を歩いていくと、脇道の奥まったところにその店があった。表通りに面していないので、ちょっと店の場所はわかりづらいね。

木目調の店内は4人掛けのテーブルと2人掛けのテーブルが1卓づつあって、後はカウンター席のみなので、そんなに広くはないけど居心地は悪くないよ。

台湾人のお姉さんが明るいからね~

f:id:azusa47:20170331180504j:plain

ランチメニューはかなりお得だね。

ただ、ランチは14時30分でオーダーストップなんだけど。

f:id:azusa47:20170331180723j:plain

俺と嫁はハーフ&ハーフセットにしたんだけど、意外と腹いっぱいになったね。台湾から材料を空輸しているだけあって、味は台湾へ行った時と変わらなかったよ。

麺線も魯肉飯も、どちらも美味しかった~

f:id:azusa47:20170331182449j:plain

夜はBAR的なお店になるためかカウンター前にお酒が並んでいるんだけど、それに触発されたのか嫁がビールを飲みたいというので、一杯だけということで了解したら、その一杯でえらくテンションが上がりやがった。笑

これ二杯目いったら、いつも通り叫びだすな。笑

台湾人って、ものすごく親切でかまってくれるでしょ。

嫁がテンション上がったのをいいことに、その台湾人お姉さんに色々聞いたりするのよ。

そのたびに親切に答えてくれてね~

ありがとう、台湾人お姉さん!

話を聞いていると、そのお姉さんは台湾南部の出身なんだって。それで、親の仕事の関係で15年前に日本へ来たって言っていたね。

あと、北部と南部じゃ料理によっては、味付けが違うものもあるんだそうだ。

ちまきを仕込んでいたんだけど、これも北部と南部じゃ味付けが違うって言ってたな~

また、台湾では外食が安くてうまいので、基本的に自炊する習慣がないんだって。そういえば、台中に住んでるブロガーさんもブログにキッチンがないって書いてあったな。

そんなもんだから、ある日学校に持って行った弁当箱を開けると、ちまきが二本しか入ってなかったこともあったんだって。笑

嫁のおかげで、いろいろ話が聞けて楽しかったよ~

2人で、総額2592円でした。

ごちそうさま~

結婚について考える 『結婚して良かった事及び悪かった事-後編④』

f:id:azusa47:20170227165516j:plain

(続き)

200万近い大金の借金。さすがに離婚問題は避けられなかった。

しかし、嫁は一人じゃ生きていけないからと泣きを入れてきたんだよ。

俺はこの言葉を聞いて

ん?どこかで聞いたことのある言葉だぞ。

と思ったんだが………そうだ!

以前記事にしたことがあるので転載するけど、親父と母ちゃんの離婚調停の時だ!

 

『昔から、親父はしっかりしていた。ただ、ついてなかったのは母ちゃんが、嫁と同じで金の管理ができない人で、あれば全部使ってしまうという人間だったことだ。

親父がそれに気づいたのは、定年62歳の会社で定年間近の60歳になってからだった。それまで、すべて母ちゃんに金を渡していたので、貯金がゼロという現実に憤慨して離婚調停を起こして、その事実を俺は知った。

まぁ、実家に帰ればいろんなものがあるので、母ちゃんが金使いが荒いのは、うすうす知っていたけどね。ここまでとは。息子の俺がいくら言っても、気の強い田嶋陽子見たいな母ちゃんは聞く耳持たずだったけど。

また、離婚調停の過程で母ちゃんは借金もしていることが判明した。これ、嫁もそうなんだよね。機会があれば記事にするけど。

それで、その後債務整理をしてクレジットカードを作れないようにしたんだって。

なんだかな~

結局、母ちゃんは離婚したら生きていけないと思っているから拒絶して、調停決裂。

本裁判は、金がかかるから親父が取り下げて終了~

そして、金の管理は親父がするようになった。』

(壮絶!遺産相続 実家へ行った より)

 

同じような女性と結婚してしまうのは遺伝なのか?笑

俺は親父と母ちゃんの離婚調停を見てきているので、この件でどちらかがかたくなに拒めば離婚できないことを知っていた。

まぁ、金はかかるけど本裁判を起こして徹底的に争えば、離婚できるかもしれないけどね。

結局、親父と同じでそこまではしなかったよ。

幸い親父と違って若いころから俺が金の管理をしてきたので、整理回収機構に債権が譲渡されてきつい取立にあい、場合によってはお互い破産なんてことにもなりかねない事態だったが避けられる。

どれだけ効力があるかわからないんだが、今後借金はしませんとの誓約書だけ書いてもらって、全額俺が銀行に返済したよ。

金利もばかばかしいからね。嫁は分かってないみたいだったけど、仮に200万円を借金していたとして年利10%で年間20万円の金利が発生したわけ。これが若いころから30年間、途中で自転車操業のように借りたりして減らずに続いたとすれば金利だけで単純に600万円発生したことになる。

おいおい、どんだけ銀行に儲けさせる気なんだよ!!

ちゃんと返済していれば、銀行にとっては上客だな。

定額払いの恐ろしさは、金利がどれだけ発生しているのか麻痺させる点もあるんだよ。嫁は毎月5万円を銀行に支払っていたんだが、そのうちの約1万5千円は金利だからね。つまり、元本は約3万5千円しか減っていないわけ。

カードローン(フリーローン)っていうのはひどいね。

 

最近、マイナス金利を日銀が導入しただろ。あれで銀行の利益が出にくくなった。

そこで、銀行の目についた金融商品がカードローン。

裏で銀行同士の情報がつながってんだろうね。嫁に対して返済してから某地方銀行よりカードローンを勧めるダイレクトメールが届くようになったんだよ。

ふざけんなよ!某地方銀行

俺はそこをメインに口座を持っていたんだが、速攻で口座を解約した。

金の管理ができない人からガッツリ儲けようという魂胆が気に食わん。

まるで、バブル発生の一因となった本来借りちゃいけない人に金を貸すのと同じだよ。あれで、不動産融資が焦げ付いて住専問題が発覚したんだからね。

 

結婚についてのまとめ

昔の日本だったら勢いで結婚するのもありだけど、現代日本では金の管理ができる人とか、悪酔いをしない人とか、借金をしてない人とかを把握する等して慎重に結婚を決断した方がいいでしょう。

(終わり)

 

ん、まてよ?……そうだ、忘れてた。笑

 

結婚して良かった事

やっぱり、話し相手がいるってことかな~

一人だと寂しくなるってこともあるでしょ?

あと、散々な事実を書いてきたんだけど、嫁もいいところがあるんだよ~。弁当を作ってくれたりするしね。

本当にありがとう。感謝しているよ~

(結婚について考える 本当に終わり)

結婚について考える 『結婚して良かった事及び悪かった事-後編③』

f:id:azusa47:20170227165516j:plain

(続き)

セミリタイアをして約一年、45歳の秋だったよ。その事件が起こったのは。

 

パート仕事を終えて自宅に戻り何気なくポストを覗くと郵便物があったので取り出した。ここまではいつも通りの行程だった……

……が、その中に整理回収機構からのハガキが嫁宛に来ていたんだよ。

 

整理回収機構?????

俺は今でも覚えているんだけど、整理回収機構といえば、住宅融資専門会社(住専)が銀行から融資を受けて、それをろくに審査もせずに金のない奴へ高利で融資したもんだから、その融資が焦げ付いてどうしようもなくなったので、政府が介入して当初は住専処理をするためにということで作った会社なんだよね。

それが、北海道拓殖銀行山一證券が倒産して金融不安が再燃したもんだから、これ以上の金融機関倒産を避けるために金融機関の不良債権も処理するようになったんだ。

住専処理もやってきただけに、不良債権回収は法律を駆使して徹底的にやっていく。

泣く子も黙る整理回収機構なんだ。

しかし、整理回収機構の仕事は企業相手で一般家庭までには来ないものだと、この時までは思っていたよ。それで、ビックリしたわけなんだが。

 

ハガキには来月末までに返済されないと当社に譲渡されるような文言が書いてあった。

早速嫁を問いただすと、きっかけは高校卒業して社会人になってすぐ教習所へ通う金を工面するために作ったカードだった。

当時は銀行の融資も非常に甘かったんだよ。今だったらフリーローンの場合、年収以上の融資は絶対無理だけど、この頃融資に上限(限度額)はなかった。

ただね、フリーローン(カードローン)は使用目的が限定されない代わりに金利が高め(嫁の場合は現在年12%)に設定されているんだよ。しかも、リボ払いで定額だからいつ支払いが終わるのかがはっきりしない。

俺だったら絶対に手を出さない金融商品なんだけど、嫁は金の管理ができない人なんで何とかなるだろうと思ったわけだ。

その後、融資の甘さに乗っかって車を買ったり海外旅行へ行ったりとで残高が膨れ上がっていった。

それで、しばしば滞納するようになったらしい。毎月10日が引き落とし日になっているんだが、金の管理ができない人なんでね。それまでに給料を全部使ってしまうこともあったんだろう。見事に銀行で不良債権として分類されてしまったわけ。

 

取りあえず、現状の残高が知りたかったので近くの郵便局で残高照会をしたんだよ。

f:id:azusa47:20170327190113j:plain

写真:今は無き富士銀行、消してはいるがもちろん旧姓名義。

1,997,838円。

こんなに残っているとは、愕然としたね。

そりゃ、整理回収機構に譲渡されるわけだ。笑

(続く)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ