食いしん坊無職をめざす~セミリタイア後の生活~

44歳でセミリタイア!現在48歳。台湾好きな中年が完全リタイアへ向けてつづっていく日記

【饕之郷李姐的店編】台湾第二回グルメ紀行 その六

f:id:azusa47:20170405161408j:plain

写真:饕之郷李姐的店。人気店だけに店員が多いねぇ~

(続き)

f:id:azusa47:20170405161823j:plain

写真:向上精誠路口バス停。290番でも行けるんだが、その表示は裏側にある。

台中駅から290番のバスを利用して20分ぐらいかな、向上精誠路口バス停で降りてすぐのところにあるのが饕之郷李姐的店なんだよ。

開店してすぐに伺ったので並ばずに済んだ。人気店なんで早めにきて正解だったね。

レジが店外にあるんで、最初そこにいた兄ちゃんに聞いてみたんだが、当たり前だけど通じない。笑

で、その兄ちゃんが店内にいる姉ちゃんを呼んできてくれて、その姉ちゃんの手引きで席に着いた。ここの店は注文伝票をくれるので、そこに記入して店員に渡せばいいだけなんで言葉が通じなくても基本的に問題ないね。

今回の旅行で俺はその店に酸辣湯があれば、それも一緒に頼むことにしたんだよ。台湾で酸辣湯は安くてうまいって聞いたんでね。

f:id:azusa47:20170405165839j:plain

ということで、最初に小龍包8個入って85元(315円)と酸辣湯35元(130円)を頼みました。前回の旅行でいった高雄にある永和小籠湯包も安いって思ったけど、ここも結構安いね~

やっぱり、台北に比べて台中とか高雄は物価が安いのかな~

f:id:azusa47:20170405172044j:plain

じゃーん!そして、まいう~

肉汁はそんなに入っていなかったけど、ジューシーで旨かったよー。

f:id:azusa47:20170405172452j:plain

なんだか周りの客が小菜を取っていたので、俺もセルフサービスとなっている小菜35元(130円)を棚から持ってきて追加で食べたんだよ。まぁ、勢いって奴かな~

酸辣湯は期待通りに具だくさんで旨かった。

 

こんだけ食べて575円って、安っ!

永和小籠湯包に続いて大満足だよ!

ごちそうさま~

【店舗情報】

住所:台中市西區向上路一段353號
営業時間:11:00-23:00

(続く)

台湾第二回グルメ紀行 その五

f:id:azusa47:20170403173420j:plain

写真:台中駅旧地平ホーム。まだ、1月時点では高架線になったばかりで残っていた。

(続き)

バスの発車時間が近づいてきたので、バス停に向かうと特に整列しているわけでもなく適当にたむろっていたよ。台湾では台北の一部バス停以外は、みんなこんな感じだね。

で、目的のバスが来ると歩道から道路に出てバスが停まるように手を上げたり振ったりするんだよ。

そうしないと、バス停に人がいても通過しちゃうんだよね~

なんだか、おばさんがバスを停めているのを見て新鮮に感じたな~

日本じゃ、絶対にありえないよ。そんなことを日本でしたらバスの運ちゃんから危ないって怒られるんじゃないかな。そもそも、バス停に人がいたら何もしなくてもバスが停まるからね。

ちなみに、バスの乗り方については下記サイトを参考にしてね。

台湾に来たら悠遊カードは絶対に取得しよう。台中ならほぼ無料で市内バスに乗れるぞ。 | 旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

そのサイトにも書かれているんだけど、台中ではヨーヨーカード(悠遊卡)さえあれば一乗車に対して10kmまでただで乗れるんだから太っ腹だよね~

あとね、台湾のバス停って本数の少ないバスは発車時刻が載っているんだけど、そこそこ本数のあるバスは発車時刻が載っていないんだよ。アバウトな台湾らしいんだけど、その際に便利なアプリが上記のサイトに出ているので利用をお勧めするよ。実際に利用してみたんだけど、利用したい系統を入力するとバスの位置情報を表示してくれるので、どのぐらいでバスが来るのか一目瞭然ってなわけで非常に便利だった。

 

それで、実際にバスへ乗ってみると台湾バスの運ちゃんは気が短いんだかわからんけど

トラック野郎顔負けの運転をするんだよね~笑

急発進、急停車は当たり前。笑

日本では急のつく運転はしちゃいけないって教習所で習ったんだが。

普通に割込みもしてたな~笑

よくこんなんで事故らないよな~不思議だ。笑

日本人だったら乗客がバス会社にクレームを入れて、下手すれば新聞ネタになってしまうぐらいの事案なんだけど、誰も乗客は文句を言わない。

……やっぱり、寛容性なんかな~

前にも記事にしたんだけど、日本は寛容さが極端に低いせいで国連の世界幸福度報告書で53位だからな。

それに対して台湾は35位ってことで……

 

でもまぁ、この場合事故ったら寛容性もへったくれもないんだけど。

(続く)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ